レビュー

【電気ひざ掛けを使ってみた】選び方のポイント3つとアマゾン・楽天で買えるおすすめ製品

冬になると辛いのは「足元の冷え」ですよね。

特に女性の皆さんは、長い間デスクワークをしていると脚が冷え切っていることもあるのではないでしょうか。

エアコンが付いていて室内は暖かくても、足元は暖かくなりにくいもの。

私もブログを書くようになり、パソコンに向かう時間が長くなり、脚の冷えが気になり始めました。

そこで今回、電気代の節約にもなると話題の電気ひざ掛けを購入してみました!

1週間ほど使ってみましたが、本当に買ってよかったと思っています。

この記事では、使ってみた感想と、実際に購入してわかった電気ひざ掛け選びのポイントおすすめの電気ひざ掛けを紹介したいと思います。

ご購入を検討されている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

LIFEJOY「洗える 日本製電気ひざ掛け」を購入しました

今回、アマゾンでLIFEJOYの洗える 日本製電気ひざ掛け」を購入しました。

この商品を選んだ理由はこの4つです。

・安い
・デザイン、色が部屋にマッチする
・温度調節ができる
・洗える

まず、電気ひざ掛けを探すにあたって一番気にしたのが値段でした。

高いものには、なかなか手が出せなかったので、アマゾンで3510円で販売されていたこちらを候補に入れました。

その他、「温度調節ができること」「洗えること」を基準に製品を絞り、最後は見た目で決めました。

安いものだと、デザインや色があまり良いものがなかったのがちょっと残念でした。

触りごごちは普通のブランケットで、外から触るとあったかくなる線が張り巡らされているのがわかります。

実際に使ってみたところ、本当にあったかいです!

リモコンはこんな感じで、微調整が可能です。

最初は、設定温度を強で入れていましたが、すぐに熱いくらいに温度が上がるので、温度が上がったら、少し設定を下げるようにしています。

脚が暖かいので、上半身を少し厚着にすれば日中はエアコンなしでも快適に過ごすことができました。

エアコンの使用時間の削減に加え、強で使っても1時間1.17円、中で使えば0.61円とかなりリーズナブルに使えます。

 

電気膝掛けのメリット・デメリット

実際に電気膝掛けを購入して使ってみて、本当に買ってよかったと思っています。

しかし、買ってから気づいたこともいくつかあったので、メリット、デメリットとしてまとめたいと思います。

電気膝掛けのメリット

▶︎脚をピンポイントで温めることができる

なんといっても1番は、ピンポイントで冷えやすい脚を温めることができることです。

デスクワークのときに使っていますが、すぐに暖まるので重宝しています。

エアコンを使っていても暖まりにくい場所などでは、大活躍間違いなしです!

▶︎電気代の節約になる

電気膝掛け自体の利用には、電気代は1時間あたり1円ほどしかかかりません。

また、足元が暖かいと、血液の循環が良くなるためか上半身も暖かくなり、少し厚着をしたらエアコンなしでも過ごせるようになりました。

電気膝掛けのデメリット

▶︎電源を選ぶ
今回私が購入した「洗える 日本製電気ひざ掛け」は、コンセントから電源を取るタイプだったので、コンセントの届かない場所では使用できないのが少し残念でした。

パソコンやモバイルバッテリーなどに繋いで使えるのUSBタイプの電気膝掛けもありますが、温度調節ができないため、今回の購入は見送りました。

自宅だけでなく、会社や車の中、レジャーでも使いたいという方は、USBタイプにした方がいいかもしれません。

 

電気膝掛けを選ぶポイント3つ

実際に電気膝掛けを買って使ってみて、気づいた点を踏まえて、電気膝掛けを選ぶポイントを3つにまとめてみました

用途に合わせて電源タイプを選ぶ

電気膝掛けには、「コンセントタイプ」「USBタイプ」がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

「どこで使いたいのか」「どんな機能が欲しいのか」をよく考えて電源タイプを選びましょう。

コンセントタイプ USBタイプ
メリット 温度調整ができ、高温で使える どこでも使える
デメリット コンセントが届く範囲でしか使えない 温度調節ができず、高温で使えない
使用場所 自宅、会社 自宅、会社、車内、屋外

 

洗える電気膝掛けを選ぶ

購入する前に洗濯ができるか確認をしましょう。

せっかく購入するならば、長く使える製品を選びたいですよね。

汚れてしまっても自宅で洗濯ができれば、クリーニングに出す必要もないので、使い続けるためのコストもほとんどないです。

大きさを事前に確認しておく

使用するときのことを考えて、大きさは事前に確認しておきましょう。

電気膝掛けを探していると、値段もまちまちで、安いものを見つけたと思ったら、サイズが小さかったりします。

「腰に巻いて使いたかったのに」と後で後悔しなくても済むよう、事前にきちんと確認しておきましょうね。

 

アマゾン・楽天で購入できるおすすめ電気膝掛け

ここで、アマゾンや楽天で購入することができるおすすめの電気膝掛けを紹介したいと思います。

アマゾンで人気!「電気ひざ掛け毛布」

サイズ 140 × 82
電源 コンセント
温度調節 可能
その他 ダニ退治機能
洗濯OK

椙山紡織という会社が作っている「電気ひざ掛け毛布」です。

電気毛布なども作っている会社のもので、レビューも多く、人気の商品です。

コンセントタイプなので、温度調節ができ、高温でダニを退治する機能もついています。

ただ、カラーバリエーションがないので、少し大きさは小さくなりますが、私が購入した「洗える 日本製電気ひざ掛け」もおすすめです。

大きさ重視なら「くるけっと 電気ひざかけ」(コンセントタイプ)

サイズ 155 × 93
電源 コンセント
温度調節 可能
その他 抗菌防臭加工
洗濯OK

パナソニックの「くるけっと 電気ひざかけ」です。

お馴染みのパナソニック製で、特徴はその大きさです。

床に広げて使ったり、ソファーに広げて使う人もいるようです。

ただ、お値段が高いのがネックですが、2人以上で使う場合はおすすめです。

切り忘れのタイマー付き「電気ひざ掛け リバーシブルタイプ」(コンセントタイプ)

サイズ 140 × 82
電源 コンセント
温度調節 可能
その他 切り忘れタイマー
OFFタイマー
ダニ退治機能

椙山紡織の「電気ひざ掛け リバーシブルタイプ」です。

この製品の大きな特徴は、タイマー付きであるということです。

2時間、4時間、6時間で設定できるOFFタイマーに加え、12時間以上電源が入っていると自動で電源を切る切り忘れ防止タイマーがついています。

消し忘れが心配な方や、高齢の両親へのプレゼントにもおすすめです。

洗濯ができないのが残念ではありますが、タイマー機能がついていても手頃な値段で買うことができます。

USBでどこでも使える「usbブランケット」(USBタイプ)

サイズ 85 × 60
電源 USB
温度調節 不可
その他 洗濯OK

KNGUVTHの「usbブランケット」です。

サイズは小さいものの、USBから電源を取れるのは魅力的です!

オフィスや車の中、レジャーでも、パソコンやモバイルバッテリーなどと組み合わせて使うことができます。

 

電気代の節約にもなる電気膝掛けは本当に買ってよかった

この記事を書いている今も電気膝掛けで暖をとっていますが、本当にいい買い物をしたな〜と思っています。

コスパ最高ですよ。

まだまだ寒い時期が続きますので、ご購入を検討されている方は

・用途に合わせて電源タイプを選ぶ
・洗える電気膝掛けを選ぶ
・大きさを事前に確認しておく

この3つのポイントを意識して電気膝掛けを選びましょう!

満足のいく製品が買えること間違いなしです。