ブログ運営

【不正ログイン対策】IDの流失を防ぐプラグインEdit Author Slug

あなたは自分のサイトを不正ログインから守る対策をしていますか?

「まだアクセスが少ないから狙われない」

「もう少し記事を書いてからやろうと思ってる」

そんな風に考えていませんか?

もし、まだ対策をしていないのであれば、あなたのサイトのログインIDは簡単に盗み取られてしまう状態になっています。

設定には5分もかからないので今すぐに対策をしましょう!

 

自分のIDが危険に晒されていないかチェック

まずは、対策をしていないことでどれだけ簡単にIDが盗み取られてしまうのか試してみましょう。

インターネットのURL欄に下記のようにアドレスを入れて、Enterを押してみてください。

http://自分のサイトのURL/?author=1

どうでしたか?自分のログインIDが表示されませんでしたか?

対策をしていないと、いとも簡単にログインIDが流失してしまうのがわかりましたよね。

それでは、自分のサイトを不正ログインから守るプラグイン「Edit Author Slug」をご紹介します。

 

WPプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法

「Edit Author Slug」とは?

「Edit Author Slug」とは、ログインIDを表示させないようにするためのプラグインです。

これを導入することで、先ほどご紹介した方法で検索をしても、URL上にログインIDが表示されなくなります。

インストールする

それではインストールの手順について紹介をします。

プラグイン新規追加の画面に進み、プラグインの検索欄に「Edit Author Slug」と入力します。

検索結果に該当のプラグインが表示されますので、インストール後、有効化しましょう。

プラグイン内の設定をする

続いてプラグイン内で設定を行います。

「設定」→「Edit Author Slug」と進みます。

こちらはデフォルトで「author」となっていますが、そのままでも大丈夫です。

自分で好きな設定があれば変更も可能です。

変更した場合は、更新を忘れないようにしましょう。

その他の項目については、特に変更は必要ないのでデフォルト設定で大丈夫です。

プロフィール内の設定をする

そして、プロフィールの設定を行います。

プラグインを導入した後、「ユーザー」→「あなたのプロフィール」と進みます。

プラグインを導入、有効化したことで、このページの1番下に下記のような入力欄が追加されています。

一番下の空欄に任意の単語や文字列を入れて更新します。

追加でもうひと手間

「あなたのプロフィール」内にある「ニックネーム」「ブログ上の表示名」は、変更していますか?

この項目は、最初のチェック方法のURL表示には関係がありませんが、記事の投稿者として名前がどのように表示されるのかに関係してきます。

「ニックネーム」を更新すると、「ブログ上の表示名」をプルダウンでニックネームと同じに変更できます。

ここを変更していないと、記事の投稿者として、ログインIDが表示されてしまいます。

せっかくプラグインを導入しても水の泡になってしまいますので、必ず変更をしてください。

 

更新内容が反映されたかチェック

最後に、もう一度、

http://自分のサイトのURL/?author=1

と入力して、自分のサイトをチェックしてみましょう。

私の場合は、このような表示に変更されています。

設定後は、ログインIDが表示されなくなっていませんか?

ほんの少し時間をかけてプラグインを導入するだけで、グンッと不正ログインに遭う可能性が減るんです。

 

おわりに

プラグイン「Edit Author Slug」を使えば、簡単に自分のログインIDの流失を防ぐことができます。

5分ほどかければ簡単に設定できますので、必ず導入し、自分のサイトを守りましょう。

被害に遭ってから後悔しても遅いですよ。

導入がまだの人は、この記事を読んだらすぐに行動してくださいね!