ブログ運営

【不正ログイン対策】ログイン画面のURLを変更するSiteGuard WP Plugin

あなたは自分のサイトを不正ログインから守る対策をしていますか?

まだ対策をしていないのであれば、すぐに対策をしましょう。

対策をしていないサイトのログインページには、誰でも簡単にアクセスできてしまいます。

今回は、WardPressでサイトを作っている人に必ず導入して欲しいプラグイン「SiteGuard WP Plugin」をご紹介します。

設定はとても簡単なので、今すぐに対策をしましょう!

 

どれくらい簡単にログイン画面にアクセスできるのか

まずは、対策をしていないことでどれだけ簡単にログイン画面にアクセスできるのか試して見ましょう。

インターネットのURL欄に下記のようにアドレスを入れて、Enterを押してみてください。

http://自分のサイトのURL/wp-login.php

このままのURLの場合、パスワードが流出してしまった場合に自分以外の人もアクセス可能になってしまいます。

ログインIDはどうなんだ、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらも対策をしていないと、いとも簡単に調べられます。

詳細は、「【不正ログイン対策】IDの流失を防ぐプラグインEdit Author Slug」から確認してください。

それでは、今回はログイン画面のURLを変更できるプラグイン「SiteGuard WP Plugin」をご紹介します。

 

WPプラグイン「SiteGuard WP Plugin」の設定方法

「SiteGuard WP Plugin」とは?

「SiteGuard WP Plugin」とは、ログイン画面のURLを変更し、他者からはわからないようにするプラグインです。

これを導入することで、先ほどご紹介した方法で検索をしても、ログイン画面は表示されなくなります。

「SiteGuard WP Plugin」をインストールする

それではインストールの手順について紹介をします。

プラグイン新規追加の画面に進み、プラグインの検索欄に「SiteGuard WP Plugin」と入力します。

検索結果に該当のプラグインが表示されますので、インストール後、有効化しましょう。

すると、このようなバナーが現れます。

この時、必ず新しいログインページURLをブックマークするのを忘れないでください!

ログイン画面へのURLが変わっているので、後からではわからなくなってしまう可能性があります。

新しいログインページURLを開くと、

URLが変わっていますよね!

それに加えて、新しく3つ目の入力欄ができています。

プラグイン内の設定をする

続いてプラグイン内で設定を行います。

画面左のメニューバーに「SiteGuard WP Plugin」のアイコンが出ているのでクリックします。

こちらがデフォルトの画面です。

「ログインページ変更」が今回行いたかったログイン画面URLの変更です。

それから、「画像認証」

これが3つ目の入力欄に関係していて、画像を見て入力しないといけないので、ロボットなどがアクセスしようとしても、簡単にはログインできないようになります。

私はその他の項目もデフォルトのままで使っています。

 

新しいサイトのログイン画面URLがわからなくなったら

万が一、ログインページのURLがわからなくなってしまったら、「SiteGuard WP Plugin」の公式サイトに掲載されている方法を試してみてください。

「FAQ」のページに回答が掲載されています。

 

おわりに

プラグイン「SiteGuard WP Plugin」を使えば、簡単にログイン画面のURLを変えることができます。

無料のプラグインですが機能も充実していて、どれも自分のサイトを守るために有効なものばかりです。

新しいURLのブックマークだけは忘れないように注意をしてくださいね。

導入がまだの人は、この記事を読んだら必ず導入してください!