書評

新しいビジネスにチャレンジする人に読んでほしい「ユダヤ人大富豪の教え」の感想

自己啓発本と言われる書籍は、ベストセラーも多く、著者の知名度に関わらず手に取る人も多いと思います。

まさに私がその一人で、精神論を唱える本から引き寄せの法則に関する書籍まで、幅広く自己啓発本を読んできました。

そんな数ある自己啓発本の中でオススメしたいの「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」です。

この本はとにかく読みやすく実践しやすい本で、何度も読み返したくなるので文庫本であればコスパもいいです。

特にこれから新しいビジネスを始めたいと思っている人、お金を稼いで人生を変えたい人にオススメしたい一冊です!

 

「ユダヤ人大富豪の教え」のあらすじ

著者:本田健
ページ数:240ページ
価格:700円(文庫本)
発売日:2006/2/9

独立して事業を立ち上げたいと考える青年は、アメリカに渡り、成功している企業家や芸術家の話を聞いて回っていました。

帰国の時期が近づく中、青年はあるユダヤ人大富豪と出会います。

成功の秘訣を訪ねたことがきっかけとなり、青年はそのユダヤ人大富豪の元で「幸せな金持ちになる秘訣」を学び、成長していきます。

青年とユダヤ人大富豪の会話形式で綴られる、幸せな金持ちになるための入門書のような本です。

 

「ユダヤ人大富豪の教え」を読んだきっかけ

「ユダヤ人大富豪の教え」を知ったきっかけは、SNSで紹介している人がいて、目に留まったからでした。

その時、ちょうど心から好きだと思える仕事したいけど、収入や生活が安定しないことへの不安や、道のりの険しさから、勇気を出せずに悩んでいたので、「幸せな金持ちになる」方法があるならば是非とも知りたいと思ったわけです。

早速アマゾンで調べたところ、レビューも高く、ベストセラーとして紹介されていたので購入しました。

 

「ユダヤ人大富豪の教え」は読みやすく、実践しやすい

正直に書いてしまうと、内容は、自己啓発本を何冊か読んだことがある人ならば、知ってると思うような内容も多かったです。

ですが、他の自己啓発本と違うのは、「読みやすさ」「実践しやすさ」です。

この本では、青年がとある大富豪の教えを受け、成長していく様子が物語調で語られていくため、堅苦しさがなく、例えもわかりやすいためスラスラと読み進めることができます

特に、新しいビジネスに挑戦したいと思っている人は、主人公の青年に自分を重ねて、「自分ならどうか」と置き換えて考えながら読み進めることができますよ。

 

また、内容についても実践しやすいものが多いです。

実際に私がすぐに実践したのが「自分の望む人生をイメージすること」「目標に向かって戦略を立てること」でした。

この2つは、本の中で紹介されている一例にすぎませんが、これを実践するだけでもモチベーションが上がり、自分がすべきことの優先順位や何に価値を置いて生活するのかを見直すことができました。

この他にも、いくつも心に留めておきたいアドバイスがたくさん紹介されています。

私は私は購入してから3ヶ月の間に2回通読し、重要な部分にはマーカーを引いて何度も見返しています。

 

「ユダヤ人大富豪の教え」は、新しいビジネスにチャレンジする人にオススメ

実際に読んでみて、「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」は、新しいビジネスにチャレンジする人にぴったりの教科書のような本でした。

その中でも、読みやすく、実践しやすいので、これまで自己啓発本を読んでも、しっくりこなくて直ぐに内容を忘れてしまったり、ハードルが高すぎてなかなか行動に移せなかった人には、是非読んでほしい一冊です。

新しい環境に飛び込むのに躊躇している、チャレンジしているけれど方向を見失っているあなたの背中を押してくれますよ。